しじみエキスの栄養素とその効果!
しじみエキスの栄養素とその効果!

しじみエキスには、どんな効果があるの?

しじみというと飲みすぎた翌日には、しじみのお味噌汁なんかを飲むと良いということが言われています。

中には飲んだ翌日はしじみを摂るようにしているという人もいるように、しじみは二日酔いに効果があると信じられてきましたが、実際にはどうなのでしょうか?

二日酔いに良いということは「肝臓に効果があるのかな」などと何となく考えている人もいるのではないでしょうか。

%e5%8a%b9%e6%9e%9c

実際にしじみにどのような効果があるのかというと、しじみに含まれるオルニチンの効果により二日酔いの予防や疲労回復、肝臓の働きを助けてくれるという効果が期待できるものとなっています。

どちらかと言えば二日酔いというよりも二日酔いの予防、または肝機能のサポートに良いということになります。

普段からしじみの味噌汁やしじみのエキスなどを摂ることで、肝機能を健康に保ち二日酔いになりにくい体作りに役立つでしょう。

二日酔いだけじゃない

最近では、二日酔いというだけでなく健康のためにしじみが良いということで改めて注目されています。

むかしから肝臓に良いということでしじみが重宝されてきましたが、しじみの効果を実感するためには、かなりの量のしじみを摂る必要があるのです。

簡単に食事などで摂ることができるような量でもないことも確か。そこで登場するのがしじみエキスです。

%e4%bb%8f%e4%be%a1%e5%80%a4%e5%ae%87

しじみを煮詰めて作った濃縮なエキスで、100年以上もむかしから飲まれています。

しじみエキスって、どんなものなの?

%e3%81%97%e3%81%98%e3%81%bf%e3%82%a8%e3%82%ad%e3%82%b9

健康に良いということで注目されているしじみエキスというのはどのようなものなのでしょうか?

しじみエキスは、言葉のとおり、しじみをエキスにしたものです。しじみは、一つ一つが小さく、小さなしじみの栄養素をしっかり摂るというのはなかなか難しいものです。

しじみのお味噌汁といっても1回にそれほどの量をとることができるわけではありませんし、小さなしじみの中身を食べるなんていうのは面倒ということで汁だけを飲んでいるという人も多いでしょう。

実際にしじみのお味噌汁に入っているしじみを一つ一つ食べるのはとっても面倒ですよね。

でも、そうなると折角のしじみの栄養素も全部を摂ることができず、もったいないのも現実です。

そこで栄養素を漏れなく閉じ込めたしじみエキスが注目されているわけです。

しじみエキスはどうやって作るの?

しじみエキスはどのようにして作るのでしょうか?しじみをすり潰しているのかなど想像はできますが、実際にはたくさんのしじみを煮詰めてエキスを凝縮させたものです。

しじみの澄まし汁などを見るとわかりますが少し白っぽく濁っていたりします。このしじみのエキスをどんどん凝縮させることでさらに白濁したエキスとなっていき、この凝縮させたものがしじみのエキスということになります。

%e3%82%a8%e3%82%ad%e3%82%b9

つまりしじみエキスはしじみをそのまま使用しているということではなく、ギュギュっと凝縮させたものなのです。

しじみエキスはしじみの貴重な栄養素を抽出したものですから、しじみのお味噌汁などを食べるのとは比べものにならないほど、多くの栄養(特にオルニチン)を摂ることができるのです。

しじみエキスには、どんな栄養素が含まれているの?

しじみが体に良いということは昔から言われており、そのことについて多くの方は知っていると思います。

ただ、しじみの効果を実感するためにはたくさんの量のしじみを摂る必要があるわけですが、しじみを大量に摂ることはむずかしく、続けることはさらに難しいものです。

%e6%a0%84%e9%a4%8a%e7%b4%a0

しかし、しじみエキスであれば、そんなしじみの栄養素を手軽に摂ることができ、さらには比較的楽に続けることができるため、肝臓が気になる方に飲まれるようになってきました。

ところでしじみが体に良いということはわかっていますが、いったいどのような栄養素が含まれているのでしょうか?

しじみに含まれる栄養素の代表的なものというとオルニチンです。しかし、それだけではありません。他にもタウリン、ビタミンB群、カルシウム、鉄分、亜鉛といった様々な栄養素が含まれている食材なのです。

しじみエキスの栄養素は、どのような効果があるの?

しじみエキスの代表的な栄養素はオルニチンですが、オルニチンは人間の体にとって重要なものである必須アミノ酸のバランスが良いのです。そのため疲労回復、美肌効果や肝臓の働きを助ける働きをしてくれるのです。

では、それ以外の栄養素はというとまずはタウリンですが、タウリンは肝臓機能を強化したり、疲労回復、血圧低下や血糖値の減少、コレステロールの減少に役立つ栄養素です。

%e5%8a%b9%e6%9e%9c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81

また、他にも重要な働きをする栄養素であり、胆汁の働きを助けたり、肝臓の機能の一つである解毒作用を促進させたり活性化させたりしてくれますから人間の体にとって重要な働きをしてくれる栄養素でもあるのです。

ビタミンB群は血液を造るのに重要な働きを持つ栄養素であり、カルシウムは多くの人が知っているように健康な骨や歯を作るために必要な栄養です。

しじみは女性にも欠かせない栄養素?

しじみというと肝機能の改善、二日酔いの予防になるということから男性にとっては親しみのある食材となっていますが、男性だけでなく女性にとっても摂りたい栄養が含まれる食材なのです。

女性にとってうれしいものの1つに美容効果があります。しじみに含まれている成分の中には、肌の老化を予防するような成分もあるのです。

肌の老化予防に役立つと言うとうれしくなってしまう女性も多いと思いますが、しじみに含まれている成分の中にはグリシンやアミノ酸、オルニチン、アルギニンといったものがあります。

%e5%a5%b3%e6%80%a7

これらは成長ホルモンであり、成長ホルモンは若返りホルモンとも呼ばれているホルモンなのです。

グリシンなどはコラーゲンの生成を助けてくれる成分であり、肌の老化予防には欠かすことができない成分なのです。

老化予防だけではない!

しじみエキスに期待できる効果は老化予防だけではありません。

老化防止は女性にとってはうれしいものですが、老化防止だけでなく肥満防止にも役立ってくれるのです。

%e3%81%82%e3%81%88%e3%81%82%e3%81%88

というのもしじみにはタウリンが多く含まれているのですが、このタウリンには、肝臓の働きを助けるという働きがあり、タウリンを摂ることで肝臓の働きが活発になり、肝臓が活発に働くと胆汁の分泌が活発に行われるようになります。

胆汁は、油分の分解を助けるという働きがあるために体の中の油を分解しやすくなり体に油をためにくくなります。

さらにコレステロールの増加を抑えるという働きもありますからコレステロールをためないということでも役立ってくれるわけです。

積極的に食事の中にしじみを摂り入れるようにするとよいのですが、毎日たくさんの量を摂ることが難しくなりますから、そこでしじみの栄養素が凝縮されているしじみエキスが大いに役立ってくれるということになります。

古くは江戸時代から、親しまれてきたしじみ

しじみが体に良いということで、しじみを凝縮して作られたしじみエキスを摂るようにしているという人も少なくないでしょう。

でも、そもそもしじみはどのくらいの量を摂るように知ればよいのかというとよくわかっていないという人も多いのではないでしょうか?

%e9%a7%85%e3%81%99%e3%81%99

どんなに体に良いものであっても適量ということがありますから、やはりどのくらいの量が適切となるのかも知っておきたいところです。

もともとしじみは体によいものとして日本では積極的に摂られていた食材でもあり、江戸時代にはすでに黄疸に効くということが言われ、民間療法の一つとして定着していました。

実際に江戸時代には「しじみーやしじみ」と言いながら、しじみを売って歩くしじみの行商の姿も珍しいものではありませんでしたからとても親しみのもてる食材の一つでもあったのでしょう。

現在ではそのしじみがなぜ体によいのかということも解明されてきており、特に注目されているのがしじみの中に含まれるオルニチンなどの成分なのです。

しじみを食べるだけでなくその成分をより効率よく摂るためにしじみエキスが利用されています。

しじみは、どのくらい摂ればよいの?

人間の体を健康な状態に保つのに必要なしじみの量は、どのくらいなのでしょうか?

しじみの代表的な栄養素であるオルニチンは1日に400mgから1000mgと言われておりますが、この数字を聞いてもあまいピンと来ることはないでしょう。

実は、この量はしじみで考えると1400個から3500個となるのです。これだけのしじみを毎日摂ることはまず無理でしょう。そこで便利なのがしじみエキスということになります。

%e6%91%82%e5%8f%96%e9%87%8f

食材そのままから摂ることが難しくても凝縮させたものであれば難しくなく手軽に摂ることができるわけです。

しじみエキスを利用したサプリメントなどもいろいろと販売されていますから上手に利用して健康維持に努めるとよいでしょう。

と言ってもしじみに絶対的な効果があるわけではありません。しじみは薬ではなく食材ですから。あくまでも肝臓をサポートするということであり、生活習慣や食生活など見直したりした上で摂るようにするということも大事なことなのです。

▲ページトップに戻る